コンジローマに対する避妊具と京都での性病治療

コンジローマを予防するために避妊具を使用するのは非常に有効な方法ですが、性器以外にもコンジローマによる腫瘍ができることがあるので、京都の保健所や医療機関で定期的に感染の有無を確かめて、早期治療をすることも非常に重要で、コンジローマはウイルス性の性感染症なので感染拡大を予防するためにも避妊具を使用したり、検査をすることは必要です。コンジローマは法律で感染症として認定されている性病なので京都などの自治体では保健所で無料相談やカウンセリングを受けることができます。また定期的に無料検査を実施していて、感染が確認された場合には京都市内の性病科の病院を紹介してもらえます。避妊具として一番有効なのはコンドームで、コンジローマの腫瘍が亀頭にできている場合に感染を予防することができますが、女性の場合は性器の内部や周辺にイボができることが多いので、発見したらなるべく触れないようにセックスをしなければなりません。コンジローマは良性のイボ状の腫瘍ができるウイルス性の性病ですが、ウイルスには多くの種類があるので、コンジローマウイルスの中には子宮頸がんの原因になることが近年の研究で発見されています。コンジローマによるイボ状の腫瘍は外科手術で切除しても2割程度が再発してしまうので、軟膏薬による治療が一般的になっていますが、軟膏薬の作用が非常に強いので皮膚に炎症が起きることもあります。また子宮頸がんを予防するワクチン接種も有効ですが、副作用が起きるリスクがあるのでワクチン接種が任意とされているので、希望をする女子中学生や高校生は申告をして接種を受けなければなりません。ウイルス性の性感染症は完治することが難しいので予防に力を入れる必要があります。