コンジローマの症状とじんましんと難治性うつ病

難治性うつ病は長期間治療を続けていても再発を繰り返して症状が改善しないうつ病のことで、多くの場合は他の病気が原因となっているとされています。最も多いのが難治性うつ病と双極性障害を医師が見誤っていることで、専門医でも見分けることが難しいとされています。またうつ病と不安障害を合併することで難治性うつ病になることがあり、軽度のうつ病であっても不安障害と重複することで治りにくくなることがあります。コンジローマはウイルス性の感染症でイボ状のできものが特徴となっているので、じんましんとは明らかに症状が異なっているのですが、治療の過程で抗がん剤の軟膏などをコンジローマに塗ることで副作用としてじんましんなどが出ることがあります。コンジローマは治療が難しい性病とされていて、ウイルス性なので再発を繰り返すのが特徴となっています。またコンジローマのイボは良性なのですが、再発を繰り返すことで悪性化することがあるので、一度感染をすると完治することが難しい性感染症です。予防するためにはセックスをするときに必ずコンドームを装着する必要があるので、性行為の頻度が高いとされる若い女性の場合は完全に予防をすることが難しいとされています。また性器などにイボ状のできものが見られたらセックスを中止することでリスクを下げることができるので、亀頭部分や肛門周辺にイボがあったり、女性器の中にイボ状のできものが見られたら注意をしなければなりません。性感染症でじんましんと似た症状が出るのはクラミジアで、赤い斑点が顔の中心部分にできることが多いので、この症状によって性感染症の感染に気がつくことが多いとされていますが、梅毒などでも同様の症状が出ることがあります。